シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。

シラグラはバイアグラのジェネリック

本来、性行為は子孫を残すために重要なプロセスのひとつです。しかしそれ以上に、最近では性欲を発散するため、パートナーとの愛情を深めるための行為として行われることが増えています。

満足のいく性行為をするための条件はいくつかありますが、そのひとつとして「男性器が正常に勃起していること」が挙げられます。これによって女性器に挿入することができ、そして性行為を楽しむことができます。

しかし、現代男性のなかには性的刺激を得ても正常に勃起しない人もおり、その原因がED(勃起不全)です。

EDは身体的要因や精神的要因など、さまざまな要因によって起こる可能性があります。

ただ、発症したからといって諦める必要はありません。

現在は、バイアグラをはじめとするED治療薬を用いて治療することが可能です。

今やED治療薬として製薬・販売されている医薬品は数多くありますが、ここではそのなかから「シラグラ」について紹介していきたいと思います。

シラグラは、世界初のED治療薬として開発されたバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じように効果を発揮し、EDを治療します。

製造元

シラグラを製薬・販売しているのは、インドの製薬会社であるCipla(シプラ)社です。

インドは世界有数の“ジェネリック大国”として知られており、国内に数多くの製薬会社があります。Cipla社はそのなかでも高い実績を誇る大手製薬会社であり、現在は150ヶ国以上に医薬品を輸出しています。

ED治療薬だけでなく心疾患薬や抗がん剤、糖尿病薬など、幅広い種類の医薬品を手がけているのもポイントです。

有効成分

ジェネリック医薬品は、新薬をもとにして開発した後発医薬品です。新薬と同じ有効成分を用いて製薬されており、このことから新薬と遜色ない効果を発揮するという特徴があります。

シラグラも例外ではなく、新薬であるバイアグラの有効成分「シルデナフィル」を用いて開発されています。

シルデナフィル

バイアグラやそのジェネリック医薬品が含有するシルデナフィルは、初めからED治療を目的に開発された成分ではありません。血管を拡張することで血流を促し、それによって狭心症を治療するためのものとして開発研究がスタートしたのが始まりです。

しかし、その過程においてEDにも効果を発揮することが判明し、それ以降、ED治療を目的に開発が進められたという経緯があります。

通常、勃起は性的刺激を得ることによって血流が活発化し、男性器を構成する陰茎海綿体に多量の血液が流れ込むことで起こる現象です。陰茎海綿体が血液を吸収し、膨張することで、男性器全体も増大・硬化します。

しかし、何らかの原因によって血行不良に陥ってしまうと、性的刺激を得ても男性器にうまく血液が流れ込まなくなります。その結果、陰茎海綿体が十分な量の血液を吸収できず、EDを引き起こします。

こうしたメカニズムによって起こるEDに対し、シルデナフィルが有効です。血管を拡張させることで血流を促し、勃起をサポートします。

シアリスと比較して

1998年、全世界にその名を馳せるアメリカの大手製薬会社・Pizer(ファイザー)社から、世界初のED治療薬としてバイアグラが発売されました。

そして、これをきっかけに日本のバイエル薬品からレビトラ、アメリカのEli Lilly(イーライリリー)社からシアリスが誕生しました。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類は“ED三大治療薬”と呼ばれるようになり、いずれもED治療を行う医療機関で処方してもらうことが可能です。

ただ、三大ED治療薬はそれぞれに異なる特徴があるので、その違いを知ったうえで自分に合ったものを服用することをおすすめします。

最も新しいED治療薬であるシアリスは、効果の持続時間が極めて長いことが最大の特徴です。個人差はあるものの、服用してから約24~36時間は効果が持続するとされています。

それに比べてバイアグラの効果が持続する時間は、服用してから約6時間といわれています。

つまり、長時間にわたって効果を持続させたい方は、シアリスのほうが適しているといえます。

しかしシアリスは、服用してから効果が現れるまでに2~3時間かかります。

その点、バイアグラは服用してから約1時間で効果が発現するので、なるべく早いタイミングで効果を得たいと考えている方におすすめです。

また、そのほかの相違点として、食事の影響を受けやすいか否かが挙げられます。

シアリスは食事の影響を受けにくいことから、食事をする前後に服用したとしても正常に効果を発揮します。

しかし、バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食事の前後に服用してしまうと有効成分の吸収が阻害され、正常に効果を発揮しない可能性があります。

バイアグラの効果を最大限に得るために、「食事の前後に服用しない」「空腹時に服用する」といったことを心がけることをおすすめします。

レビトラと比較して

バイアグラに次いで2番目に開発されたのがレビトラです。

レビトラの最大の特徴は優れた即効性。

服用してからわずか30分足らずで効果を発揮することがほとんどであり、個人差やそのときの体調次第ではたった15分程度で効果を実感することもあります。性行為に及ぶ直前に服用したとしても、肝心の場面でしっかり勃起することができるでしょう。

一方、バイアグラは、服用してからおよそ1時間程度で効果が現れ始めるといわれています。そのため、性行為に及ぶ直前に服用してしまうと、肝心の場面でもまだ効果を得られない可能性があります。

また、効果の持続時間についても、バイアグラは約6時間、レビトラは約8時間とされており、若干レビトラのほうが秀でています。

しかし、すべてにおいてバイアグラがレビトラに劣っているわけではありません。

服用後の勃起力、つまり勃起時のサイズや硬度、また勃起した状態の持続時間などはバイアグラのほうが優れています。

勃起時のサイズをより大きくしたい方、これまで勃起時の硬度に不満を抱いていた方、行為中、勃起した状態を維持できない“中折れ”に悩まされていた方には、バイアグラのほうが適しているかもしれません。