シラグラはバイアグラと同じ行為化が期待できます。

シラグラの効果

シラグラの効果は、血管を拡張し、血流を促進することです。

この効果により、外部から性的刺激を得ることで陰茎海綿体に多量の血液が流れ込みやすくなり、正常な勃起をサポートします。

そもそもEDは、男性器を構成する陰茎海綿体に流れ込む血液が不足することで起こります。

原因としてストレスや生活習慣の乱れなどが挙げられますが、これらを根本から解決するためにはかなりの時間を要します。

その点、シラグラなら、有効成分として含有するシルデナフィルの効果により、一時的ではあるものの血管を拡張し、血液促進をサポートします。

個人差はありますが、一般的にシルデナフィルの効果が持続する時間は約6時間といわれています。この間なら何度でも勃起することが可能です。

ただし、シラグラを利用するにあたって勘違いしてはいけない点がいくつかあります。

たとえば、「シラグラを服用すれば自然に勃起する」というのは誤りです。

シラグラに限らず、ED治療薬は正常な勃起をサポートするための医薬品であり、直接的に性的興奮を誘発する医薬品ではありません。そのため、服用後も勃起するためには外部から性的刺激を得る必要があります。

また、媚薬のように性欲促進の効果がない点も要注意です。

パートナーとのマンネリした関係を解消したい、燃え上がるような熱い夜を過ごしたい、といった目的で利用することはできません。

こうした効果を理解したうえで、正しく扱いましょう。

シラグラの作用機序

通常、勃起するためには外部から性的刺激を得る必要があります。

これによって脳から発せられた興奮信号は、中枢神経をはじめとするさまざまな神経を通って全身に送られます。その結果、cGMPという体内物質が作用し、全身の血管を拡張。陰茎海綿体に流れ込む血液が増量します。

このようなメカニズムによって勃起は起こりますが、性行為を終えてからもこの状態では日常生活に支障をきたしてしまいます。

そうならないために行為後、勃起を鎮める役割を担うのがPDE5という酵素です。cGMPを分解することで血管を収縮させ、血液の流れを通常時の状態に戻します。

しかし、何らかの原因でPDE5が過度に作用し続けてしまうと、cGMPが本来の力を発揮できなくなります。その結果、外部から性的刺激を得ても勃起しない、あるいは勃起するまでに時間がかかるといった弊害を招きます。これがEDです。

シラグラは、有効成分であるシルデナフィルのはたらきによって、上記のメカニズムによって起こるEDを治療します。

具体的にはPDE5を阻害することで、cGMPが過剰に分解されることを抑制します。

その結果、性的刺激を得た際にcGMPが正常に作用し、血管を拡張。血液の流れを促して勃起をサポートします。

このような作用機序によってEDを治療することから、シラグラは「PDE5阻害薬」のひとつとして紹介されることもあります。

もちろん、シラグラの新薬であるバイアグラも、同じ作用機序でEDを治療するPDE5阻害薬のひとつに分類されます。

シラグラの特徴

有効成分であるシルデナフィルの効果によって、EDを治療するシラグラ。

その特徴として、何よりもバイアグラのジェネリック医薬品であることが挙げられます。

バイアグラは1998年、世界で初めてED治療薬として販売された医薬品です。

バイアグラが発売されるまでは、ED治療に効果的な治療法および医薬品が明確に存在していませんでした。そのため、当時EDを患っていた多くの男性たちの間では、バイアグラは“奇跡の薬”として一躍話題を呼びました。その有効性や安全性は信頼できるものであり、これまで実際に多くのED患者を救っています。

シラグラは、そんな名実ともに確かな実績を誇るバイアグラをもとにして開発されているので、同じように信頼できる有効性、安全性が認められています。

また、シラグラはバイアグラに比べて、劇的に安い価格で販売されているというのも大きな特徴です。

何もない状態から開発を進めていく必要がある新薬に比べて、ジェネリック医薬品はすでにある医薬品のデータをもとにして開発が進められます。そのため、新薬に比べると、開発コストを大幅に抑えつつ開発することができます。その結果、新薬よりも安価での販売を可能としています。

実際にバイアグラとシラグラの価格を比較すると、シラグラはバイアグラの約1/10の価格で購入することができます。出費を抑えつつEDを治療したい方におすすめです。