シラグラはバイアグラと同じ副作用が出る可能性があります。

軽微な副作用

どのような医薬品であれ、使用することによって副作用を引き起こす可能性があります。

副作用は、もともとその医薬品の効果として想定されていない効果をいいます。

なかにはプラスの影響を及ぼしてくれる副作用もありますが、人体にマイナスの影響を及ぼすものであることがほとんどです。そのため、医薬品を使用する際に、副作用の心配をしている方も多いのではないかと思います。

では、シラグラに副作用があるのかどうかについてですが、残念ながらこれも例外ではありません。

男性にとって決して発症してほしくないEDを治療する反面、使用することによって副作用を引き起こす可能性があります。

ただ、どのような副作用が現れる可能性があるかを知っておくことで、万が一の場合に備えることができます。

たとえば、シラグラの副作用として代表的な症状に頭痛が挙げられますが、これはロキソニンのような鎮痛剤を併用することで痛みを緩和することが可能です。そのため、シラグラを使用する際はあらかじめロキソニンを用意しておけば、万が一頭痛に悩まされたとしてもすみやかに対処することができます。

このほかにも腹痛や吐き気、顔のほてりなどがシラグラの副作用として挙げられますが、いずれにしても事前に発症する可能性があることを知っておけば、仮に症状が現れたとしても不安や焦りを感じることなく対処できるでしょう。

ただし、上記した副作用は、いずれもシラグラを服用したからといって必ず発症するわけではありません。

個人差によってはまったく副作用が現れないこともあります。逆にほかの人よりも副作用が強く現れる可能性もあるので、その点は留意しておきましょう。

とはいえ、ここで紹介した副作用はいずれも軽微なものであることがほとんどです。万が一発症したとしても、シラグラの効果が切れると同時に自然に鎮静化していくでしょう。

もちろん重症化した場合、シラグラの効果が切れてもなお症状が見られる場合などは服用を中止し、すみやかに医師に相談することをおすすめします。

重篤な副作用

シラグラの服用後、有効成分であるシルデナフィルのはたらきにより、頭痛や顔のほてりなど、何らかの副作用を引き起こす可能性があります。

しかし、これらは軽微なものであることがほとんど。シラグラの効果が切れれば、それにあわせて自然に治癒していくことでしょう。

ただ、シラグラの副作用には、命の危険にかかわるような重篤なものもあることを知っておきましょう。

たとえば、そのひとつとして血圧の急激な低下が挙げられます。

シラグラが含有するシルデナフィルには、血管を拡張するはたらきがあります。この効果により、陰茎海綿体に血液が流れやすい状態をつくり、正常な勃起をサポートします。

しかし、血管が拡張することによって同時に起こるのが、血圧の低下です。

血圧に何の問題もない方であれば過度な心配は不要ですが、もともと血圧が低い方、降圧剤のように血圧を下げる効果がある医薬品をほかに使用している方は要注意。よりいっそう血圧を下げてしまったり、ほかの医薬品との相乗効果によって急激に血圧が下がったりするおそれがあります。

これによって身体に大きな負担がかかってしまう、また最悪の場合は命にかかわる大事に発展してしまうリスクが高まります。

もちろん、血圧に問題がないからといって安心はできません。

誰しもにこうした重篤な副作用が現れる可能性があります。シラグラの服用により、万が一重篤な副作用が現れた場合は、服用を中止し、すみやかに医師に相談するようにしましょう。

軽微な副作用、重篤な副作用問わず、こうしたシラグラの副作用はいずれも、バイアグラの服用によって起こる可能性がある副作用と同じです。

バイアグラの副作用に悩まされた経験がある方は、シラグラを服用した際も同じように副作用を引き起こす可能性があります。使用する際は医師に相談し、適切な指示を仰いだうえで正しく服用するようにしましょう。